【Eclipse】変数のハイライトの色を変更する方法

eclipse

変数にカーソスを合わせるとソース中の変数が全てハイライトで色を強調してくれるという機能がEclipseにはありますが、今回はそのハイライトの色を変更する方法を紹介していきます。

色だけではなくハイライトの仕方(変数の背景色を変えるとか変数周りを枠で囲む等)も変更することができるのでこちらも一緒に紹介していきます。

[スポンサーリンク]

変数のハイライトの色を変更していきます。


こちらがデフォルトの色です。変数にフォーカスをあてると同じ変数の背景色がグレーになるやつですね。Eclipseでプログラミングしているとあるあるだと思うのですが背景色がちょっと地味で見落としてしまいそうです。


こちらが変更方法です。今回は色を青へ変更していきます。

一般 > エディター > テキスト・エディター > 注釈 > 出現箇所の順で選択していって色を変更していきます。

英語版のEclipseだとGeneral > Editors > Text Editors > Annotations > Occurrencesの順です。


上記の設定でApplyとOKボタンをクリックすると、、、できました!背景色が青色へかわりましたね!

変数のハイライト時の形を変更していきます。


デフォルトだとフォーカス時に変数部分の背景色をかわるのですが、この背景色というのを枠で囲ったりアンダーバーにかえたりということもできます。

青丸部分のText asをBoxに変更してみましょう。


変数フォーカス時に変数の背景色じゃなくて変数のまわりを枠で囲うようなハイライト方法へかわりました。

さいごに

Eclipseの変数にフォーカスがあたると同じ変数名の背景色がかわるという機能ですが、標準でついているのであまり普段は意識することなく使っていると思いますがないとすごく不便です。逆にデフォルトの背景色よりも目立たせるとさらに使いやすくなること間違いなしです!

ハイライトの色を変えるというのは地味ですがオススメな技です。

それでは!