eclipse4.2にGitHubプロジェクトをインポートする方法

eclipse4.2にGitHubプロジェクトをインポートする方法最近では「ソーシャルコーディング」が流行っていますね。ソーシャルコーディングの代表格であるGitHub、皆さんは使っていますか?私はGitHubには大変お世話になっています。 今回は、わたし自身もよく使う(多分一番使っているであろう)、eclipseにGitHuプロジェクトをインポートする方法を紹介していきます。

[スポンサーリンク]

この章でやること

GitHuプロジェクトをインポートします。

GitHu公開プロジェクトをローカルにコピーする。

GitHuプロジェクトをローカルにコピーするにはこちらのツールを使って下さい。
GitHuプロジェクトをローカルにコピーする方法は、eclipseのプラグインでも出来ます。
以前一度試してみたのですが、バージョンの古いeclipseではうまくできなかったので、それ以降GitHubツール(Windows用)を使ってコピーしています。

github-import10

GitHuプロジェクトのインポート手順

まずは、eclipseを右クリックして、「Import」>「Program from Git」を選択します。
github-import1

「Local」を選択します。
github-import2

「add」を選択します。
Browse > GitHubのローカルリポジトリを指定します。
github-import3

「Import existing projects」を選択してします。
Finishを選択してインポート完了です。
github-import4

最後に

GitHubのローカルプロジェクトをeclipseに取り込むことはできました!ヽ( ̄∇ ̄)ノ
コミットもプッシュも出来ます。

GitHu公開プロジェクトをローカルにコピーする方法は、eclipseのプラグインでも出来ます。
以前一度試してみたのですが、バージョンの古いeclipseではうまくできなかったので、それ以降GitHubツール(Windows用)を使ってコピーしています。
この方法でもあまり手間だと感じたことはありません。

今回は、GitHubのローカルプロジェクトを何も加工せずに”そのまま”の状態でインポートする方法を紹介しました。
GitHubのローカルプロジェクトをインポートする際、Javaプロジェクトやspringプロジェクトにしたい場合は、もうひと手間加える必要があります。
GitHubのローカルプロジェクトを加工してインポートする方法はこちらで紹介しています。