タグ : Spring

多言語対応化メッセージリソースをロケールを使って読込む方法

spring

springMVCにもmessage.propertiesを読み込む仕組みが用意されています。
struts等のMVCフレームワークでは、ロケール(jaやen)によって読み込むプロパティファイルを動的に変更出来ていました。springMVCでももちろん同じようにロケールによってプロパティファイルを変更するが可能です。
message.propertiesの読み込みは、ほぼ100%の割合で使うと思います。このサイトを参考にしていただけると嬉しいです。
続きを読む

spring設定ファイルの記述を「beans:bean」から「bean」に変更する方法

spring

以前、「springMVCプロジェクトのひな型を作成する」で紹介しました、springMVCプロジェクトを作成方法では、spring設定ファイル(servlet-context.xml)のbeanクラス定義方法は、「beans:bean」となっています。
一般的な技術書や技術ブログでは、beanクラス定義方法は、「bean」となっていて、形式が異なってきて不便です。
今回は、spring設定ファイル(servlet-context.xml)のbeanクラス定義方法を「bean」へ変更する方法を紹介します。
続きを読む

springの3種類の例外ハンドリング方法を紹介します

spring

springMVCもSAStrutsのように、例外ハンドラクラスが用意されています。例外をその都度キャッチしてエラー処理するよりは、例外ハンドラクラスでまとめてエラー処理する方が一般的です。
何より共通の方が楽です。

springMVCには、例外ハンドリングの方法がいくつか用意されています。今回は、3種類の例外ハンドリングの方法と使いどころを解説します。仕様の詳細は別ページで行います。
続きを読む

@RequestParamを使ってリクエストパラメータを受取る

spring

コントローラクラスではリクエストパラメータを取得することが可能です。実践的なプログラムを作成するうえで、リクエストパラメータの取得は必要不可欠です。
より実用的なプログラムを作成するのであれば、パラメータの受け渡し方法は必ず考慮する必要があります。
続きを読む

springMVCで外部jsファイル(jquery)を読み込む方法

spring

springMVCのJSPファイルでも、他MVCフレームワーク(struts等)と同じように外部ファイルを読み込むことが可能です。

昨今では外部jsファイルと言えば「jquery」を使わない場面は少なくなりました。今回は、jqueryをspringMVC内で読み込む方法を解説します。

jQueryは、「/webapp/resources/js」配下に設置することを想定して解説を進めていきます。
続きを読む

@Qualifierを使って任意のIDをつける方法(インタフェースと実クラスが1対nの場合の対処方法)

spring

springMVCのDIで管理されるID名(spring内部で管理されるID)は、@Autowiredのみを使った場合、ID名は自動で識別されます。

spring2.4以前であれば、ID名をxmlで定義していましたが、spring2.5以降は、アノテーション(@Qualifier)でもID名を指定することが出来るようになりました。
続きを読む

executionの記述方法についてまとめました

spring

springのAOP「@Before」や「@After」で、実行対象を指定する「execution」ですが、少々記述方法が特殊で最初はとまどう場面があるかもしれません。

executionは正規表現ににていて、色々な指定方法が可能です。
色々な指定方法が可能であるがゆえに、慣れてきてもド忘れしたり、使い方を間違ってしまうものです。今回は「execution」のフォーマット(指定方法)について解説していきます。
続きを読む