GitHubでmasterとdevelopブランチを作るまでの流れ

github

GitHubでリポジトリを作成したあと、masterブランチとdevelopブランチの2つを作るまでの流れを紹介します。

今回はGUI(git コマンド)を使ってブランチを作成していきます。

[スポンサーリンク]

このページでやること

GitHubでmasterとdevelopブランチする方法を紹介します。

masterブランチの作成

今回はわたしが以前作成したGitHubリポジトリを参考に解説をすすめていきます。
以前つくったリポジトリ

まずはローカル環境へリポジトリ管理するためにディレクトリを作成します。
そのディレクトリ配下までcdして、「README.md」を作成します。
その後以下のコマンドを実行します。

git add README.md
git commit -m "first commit"
git remote add origin git@github.com:morinkey/spring-security-basic.git
git push -u origin master

git@github.com:morinkey/spring-security-basic.gitの部分は各自の環境にあわせて変更してください。

developブランチの作成

masterブランチをプッシュしたディレクトリにとどまり以下コマンドを実行すればdevelopブランチは完成します。

git checkout -b develop
git push origin develop

さいごに

Gitを使い始めたころはあまり考えずにmasterブランチにバンバンコミットする間違った使い方をしていました。

開発中のものはキチンとdevelopブランチにコミットしましょう!

ちゃんとしたGitの運用を目指すのであれば、開発中のmasterは基本「README.md」のみがあれば十分だと思います。

それでは!