夫婦で格安SIMならビッグローブがオススメな理由と切替方法

格安SIMのCMも最近ではテレビで頻繁に見るようになり、格安SIMもだいぶ市民権を得てきたなぁと感じています。

最近では我が家も夫婦ふたりでキャリア携帯から格安SIMへと変更しました。

なんで早くやらなかったんだろうと後悔しているほど携帯料金が安くなりました。通話の不具合とかは今のところ全くありません。

世の中格安SIMはたくさんありますが、夫婦ふたりで申し込むならビッグローブSIMがオススメです。我が家はこちらに決めました。今回はビッグロープに決めた理由とキャリアからビッグローブSIMへ切り替える方法について紹介していきます。

[スポンサーリンク]

ビッグローブSIMにした理由

格安SIMの会社は、Y!mobileや楽天モバイルなどの有名どころも含めて100以上あるらしいです。

もちろん一人で申し込む場合や、通話時間を長く使いたい等の利用用途に合わせてそれぞれお得な会社は違ってきます。

我が家がビッグローブSIMに変更した理由としては、

①[シェアSim]ができて、家族でパケットが分け合えたから。
こちら例えば1ヶ月6Gのプランに入るとしますと、夫婦でこの6Gを共有して使うというようなものです。
こちらが一番の理由ですね。それぞれが入るよりもこちらの方が断然お得です。

②[通話パック60]というオプションがあって、1か月650円を払うと60分の通話が無料になる。
もし1回の通話がいつも5分以内で、あまり長電話をしないというのであれば
楽天モバイルの方が安くなると思います。
電話の途中で「ちょっと一回切ってまたかけ直すね」というのが思いのほかストレスに感じそうだったので、うちはビッグローブを選択しました。5分毎に電話を切られるとわたしだと「え?え?」となりそうです。(笑)

③解約がラクチン
キャリア携帯のような2年しばりで、かつ違約金が発生するようなことはありません。最低1年使っていれば、あとはいつでも解約することができます。
もうあの謎の違約金におびえる必要がないのは10年後しの喜びのような気がします。

格安SIMへの乗り換え方

①SIMフリーのスマホを買う。
iPhoneだとappleの公式サイトから購入できます。
iPhone 6/6 Plus/5s/5c/5は、nano SIMに対応しています。

②自分(夫or妻)の携帯会社に電話してMNP番号を手に入れます。
ソフトバンクやauのカスタマーサービスに電話してMNP番号を入手しましょう。auはすんなりと番号を発行してくれましたが、ソフトバンクはあの手この手でY!mobileを勧めてきたあげく番号発行もなぜか時間がかかるようです。

③ビッグローブSIMを申し込む
コチラのページの「BIGOBE SIMのお申込み」ボタンをから申し込めます。

新しいiPhoneの場合だと、SIMカードのサイズはnano SIMカードです。
プランのタイプは、音声通話コースで申し込みます。
選べる通話オプションは、通話パック60というのが一ヶ月1時間かけれるオプションです。
ご契約形態は、MNP番号からの乗り換えの場合は、MNPを選択します。

④simカードが届きます。
携帯にカードを差し込むと翌日までに開通する。(すぐに開通したい場合は、ビッグローブに電話します。)

➄もう1台の手続きをするため、もう一台(夫or妻)の携帯会社に電話してMNP番号を取得。

⑥biglobeのマイページでシェアSIMの申し込みをする。
③で申し込んだSIMが開通していることが前提です。

⑦もう1枚SIMが届く。携帯に差し込むで完了。

※注意
1:③と⑥の手続きは同時に行えません。片方のSIMが開通しないと行えません。
2:MNP番号は有効期限があり短いです。あまり早く番号を取得してしまうと期限切れになりもう1度取得しないといけなくなります。
(再取得は、携帯会社によっては、すぐにできなかったりしますので注意して下さい。)

さいごに

お疲れ様でした。これで格安SIMの購入・設定は完了です。

データ通信量や電話の使用の仕方によっては、他のSIM会社が安くなる場合もありますので、ぜひ「格安SIM 比較」で検索してみて下さい。ものすごく細かく丁寧に色々なサイトで紹介しています。わたしもこちらのサイトには非常にお世話になりました。

格安SIMに変えてから本当月々の料金が非常に楽になりました。今のところは何不自由なくスマホ生活を楽しんでいます。

みなさんも格安SIM生活を楽しんでください!

それでは!