Macでnpmを使えるようにするための手順(Node.jsのインストール手順)

最近のフロントエンド開発では、サンプルソースのHello Worldを動かすのでもNode.jp(npm)が必要になってきています。
今回はそんなサンプルコードを動かすのに必要なNode.js(npm)のインストール方法を紹介していきます。

[スポンサーリンク]

npmとは

まずNode.jsをインストールする前に、Node.jsとnpmの違いについて説明します。

npm(Node Package Manager) とは、 Node.jsモジュールを管理するためのツールです。
Node.jsをインストールするとnpmも一緒にインストールされますので、今回はNode.jsをインストールする方法を紹介しています。

nodeblewのインストール

nodeblewはNode.js自体のバージョンを管理するためのツールです。Node.jsはバージョンがすぐあがるのでNode.jsのサイトから直接アプリをダウンロードせずに、こちらのツールを使って管理するようにしましょう。
インストール方法はコチラの公式サイトを参考にしています。

ログインユーザのホームディレクト配下で、まずはこちらのコマンドを実行します。

curl -L git.io/nodebrew | perl - setup
>実行結果
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
0 0 0 0 0 0 0 0 --:--:-- --:--:-- --:--:-- 0
0 0 0 0 0 0 0 0 --:--:-- 0:00:01 --:--:-- 0
0 0 0 0 0 0 0 0 --:--:-- 0:00:02 --:--:-- 0
100 24340 100 24340 0 0 8506 0 0:00:02 0:00:02 --:--:-- 8506
Fetching nodebrew...
Installed nodebrew in $HOME/.nodebrew

続いてどこからでもnodebrewが使えるようにパスを設定します。コチラのコマンドを実行して下さい。

touch .bash_profile ##ファイルがない場合のみtouchでファイルを作って下さい。
echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile
source ~/.bash_profile

続いてヘルプコマンドを実行して、正常にnodebrewがインストールできているか確認しましょう。

nodebrew help
>実行結果
nodebrew 0.9.6

Usage:
nodebrew help Show this message
nodebrew install Download and install (compile from source)
.
.
.

Node.jsのインストール

インストールできるバージョンと自分のローカル環境の状況を確認しましょう。今回は最新版を入れるのでこの手順はスキップしてもOKです。

nodebrew ls-all
>実行結果
remote:
v0.0.1 v0.0.2 v0.0.3 v0.0.4 v0.0.5 v0.0.6
.
.
v7.0.0 v7.1.0 v7.2.0 v7.2.1

local:
not installed

current: none

バージョンを指定してインストールすることもできますが、今回はこちらのコマンドを使って最新版をインストールしましょう。
stableで安定バージョンをインストールしてくれます。

nodebrew install-binary stable
>実行結果
Fetching: https://nodejs.org/dist/v7.2.1/node-v7.2.1-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Installed successfully

こちらのコマンドを使って、インストールされたNode.jsのバージョンを確認しましょう。

nodebrew ls
>実行結果
v7.2.1

最後にNode.jsが使えるように設定をしましょう。バージョンは先程のバージョンを使っていきます。

nodebrew use v7.2.1
>実行結果
use v7.2.1

Node.jsが使えるようになったか確認します。

node -v
>実行結果
v7.2.1

npmの動作確認

最後に念のためnpmの動作確認のためnpmのバージョンを確認して終わりましょう。
こちらのコマンドを実行してバージョンが表示されればOKです。

npm -v
>実行結果
3.10.10

さいごに

nodeblewを使ってNode.jpをインストールする方法を紹介しましたが、実際はNode.jsのホームページ上からバイナリファイルをダウンロードしてインストールする方法もあります。しかしNode.jsのバージョンって結構な頻度で上がっていくので、Node.jsのバージョン管理を楽にするためにもnodeblewを積極的に使うようにしていきましょう!

それでは!