テキストファイルへの書き込み

java

Javaでテキストファイルへ書き込む方法を紹介しています。

[スポンサーリンク]

目次

  1. 新規作成したファイルへ文字を出力する(PrintWriter編)
  2. 新規作成したファイルへ文字を出力する(FileWriter編)

新規作成したファイルへ文字を出力する(PrintWriter編)

/**
 * ファイルを新規で作成して、ファイルに書き込みを行うクラスです。
 *
 */
public class FileWriteNew {

    /**
     * メイン処理
     * @param arg
     */
    public static void main(String arg[]) {
        // カレントディレクトリのパスを取得します。
        String dir = System.getProperty("user.dir");

        // 出力したいファイル名を指定してFileオブジェクトを生成します。
        File file = new File(dir + "/test.txt");
        PrintWriter pw = null;

        try {
            // 出力ストリームを生成します。
            pw = new PrintWriter(
                    new OutputStreamWriter(
                            new FileOutputStream(file)));

            // ここでファイルに文字を書き込みます。
            pw.println("stringその1");
            pw.println("stringその2");
            System.out.println("ファイルの書き込みに成功しました!");
        } catch (IOException e) {
            System.out.println(e);
        } finally {
            // クローズ処理(成功・失敗に関わらず必ずクローズします。)
            // クローズ漏れはバグのもとになります。必ずfinally句でクローズしましょう。
            if (pw != null) {
                pw.close();
            }
        }
    }
}

実行結果

>実行結果
ファイルの書き込みに成功しました!
テキストファイルへの書き込み実行結果

ファイルに文字列が出力されています。

stringその1
stringその2

新規作成したファイルへ文字を出力する(filewriter編)

/**
 * ファイルを新規で作成して、ファイルに書き込みを行うクラスです。
 *
 */
public class FileWriteNewFileWriter {

    public static void main(String arg[]) {
        // カレントディレクトリのパスを取得します。
        String dir = System.getProperty("user.dir");

        // 出力したいファイル名を指定してFileオブジェクトを生成します。
        File file = new File(dir + "/test.txt");

        FileWriter filewriter = null;
        try{
            filewriter = new FileWriter(file);

            // ここでファイルに文字を書き込みます。
            filewriter.write("stringその1\r\n");
            filewriter.write("stringその2\r\n");
            System.out.println("ファイルの書き込みに成功しました!");
          }catch(IOException e){
            System.out.println(e);
          } finally {
              // クローズ処理(成功・失敗に関わらず必ずクローズします。)
              // クローズ漏れはバグのもとになります。必ずfinally句でクローズしましょう。
              if (filewriter != null) {
                  try {
                    filewriter.close();
                } catch (IOException e) {
                    System.out.println(e);
                }
              }
          }
    }
}

続きは

続いての章では、
テキストファイルへの追記を紹介していきます。