Javaの分岐(switch文)

java

Javaの分岐(switch文)の使い方を紹介しています。

[スポンサーリンク]

目次

  1. switch文で数値を扱う
  2. switch文でcharを扱う

switch文で数値を扱う

    public static void main(String arg[]) {

        int i = 0;

        switch (i) {
        case 0:
            System.out.println("i は 0です。");
            break;

        case 1:
            System.out.println("i は 1 です。");
            break;

        default:
            System.out.println("iは 0と1以外です。");
            break;
        }

        System.out.println("switchを抜けました。");

    }

実行結果

>実行結果
iは 0です。

switch文でcharを扱う

残念ながら、java6までではswitchは文字列(String)を扱うことは出来ません。java7であれば文字列(String)を扱うことが出来ます。
java6ではchar型かenumであれば、文字も扱うことが出来ます。(enumは文字ではないような・・・)

    public static void main(String arg[]) {

        char c = 'a';

        switch (c) {
        case 'a':
            System.out.println("c は aです。");
            break;

        case 'b':
            System.out.println("c は b です。");
            break;

        default:
            System.out.println("cは aとb以外です。");
            break;
        }

        System.out.println("switchを抜けました。");

    }

実行結果

>実行結果
c は aです。
switchを抜けました。

続きは

続いての章では、
if文に続く基本的な構文、for文について解説していきます。
「Javaの繰り返し」(for、while)