Javaの繰り返し(for、while)

java

Javaの繰り返し(for、while)を紹介します。

[スポンサーリンク]

目次

  1. 基本的なfor文を使う
  2. 配列をループする。java5以上のfor文法(新しいfor文)
  3. 配列をループする。java5より前のfor文法(古いfor文)
  4. 基本的なwhile文を使う
  5. do~while文を使う

基本的なfor文を使う

    public static void main(String arg[]) {

        for (int i=0; i<10; i++) {
            System.out.println(i + " 回目のループです。");
        }
    }
&#91;/java&#93;

<div class='br2'></div>
<h4>実行結果</h4>
<div class='dos'>
>実行結果
0 回目のループです。
1 回目のループです。
2 回目のループです。
3 回目のループです。
4 回目のループです。
5 回目のループです。
6 回目のループです。
7 回目のループです。
8 回目のループです。
9 回目のループです。

</div>

<div class='br2'></div>
<h4>解説</h4>
この文法は標準的なfor文になります。
"int i=0;"部分は、変数iを宣言して、0で初期化しています。
"i<10;"部分は、変数iが10より小さい時にfor文に入る条件となっています。
"i++"部分は、1回ループする度に変数iを1インクリメント(加算)しています。

<div class='br3'></div>
<h3 id="for2">配列をループする。java5以上のfor文法(新しいfor文)</h3>
[java num='1' toolbar='false' ruler='true' highlight_lines='4']
    public static void main(String arg[]) {

        int[] num = {0,1,2,3,4,5,6,7,8,9};
        for (int i : num) {
            System.out.println("変数numの値 : " + i);
        }

    }

実行結果

>実行結果
0 回目のループです。
1 回目のループです。
2 回目のループです。
3 回目のループです。
4 回目のループです。
5 回目のループです。
6 回目のループです。
7 回目のループです。
8 回目のループです。
9 回目のループです。

解説

他言語のforeachに非常によく似た構文ですね。このように書くことで、int配列に格納されている数文だけループすることが可能です。
最初のサンプルプログラムから見ると、ループ回数を変数に持たなくて良いので非常にシンプルに見えますね。

配列をループする。java5より前のfor文法(古いfor文)

public static void main(String arg[]) {

int[] num = {0,1,2,3,4,5,6,7,8,9};
for (int i=0; i