ディレクトリの作成・削除・移動

java

Javaでディレクトリの作成・削除・移動する方法を紹介します。

[スポンサーリンク]

目次

  1. ディレクトリを作成する
  2. ディレクトリを削除する
  3. ディレクトリを移動する

ディレクトリを作成する

    public static void main(String arg[]) {

        String dir = System.getProperty("user.dir");

        File file = new File(dir, "test");
        // ディレクトリ作成
        boolean ret = file.mkdir();
        System.out.println("ディレクトリの作成処理 : " + ret);
        System.out.println("出力先:" + file.getPath());

    }

実行結果

>実行結果
ディレクトリの作成処理 : true
出力先:C:\workspace\javatech

解説

ディレクトリの作成も処理失敗時に例外を発生させません。必ず戻り値(boolean)で成功・失敗を確認して下さい。
また既にディレクトリが存在する場合は作成失敗となります。ファイル作成とは挙動が異なります。(ファイル作成は上書き作成します。)

ディレクトリを削除する

    public static void main(String arg[]) {

        String dir = System.getProperty("user.dir");

        File file = new File(dir, "test");
        // ディレクトリ削除
        boolean ret = file.delete();
        System.out.println("ディレクトリの削除処理 : " + ret);

    }

実行結果

>実行結果
ディレクトリの削除処理 : true

解説

こちらもディレクトリ削除失敗時に例外は発生しません。しかし、ディレクトリが存在しない状態でdeleteメソッドを実行しても戻り地はtrueとなります。

ディレクトリを移動する

    public static void main(String arg[]) {

        String dir = System.getProperty("user.dir");

        File file = new File(dir, "test");
        File fileRename = new File(dir, "rename");
        boolean ret = file.renameTo(fileRename);
        System.out.println("ディレクトリの移動処理 : " + ret);

    }

実行結果

>実行結果
ディレクトリの移動処理 : true

解説

ディレクトリの移動(リネーム)もファイルと同様で、マウントされたディレクトリ間ではディレクトリ移動が出来ません。
(CドライブのディレクトリからDドライブのディレクトリには移動することは出来ません。)

続きは

続いての章では、
ファイルへの書き込みについて解説を行います。
「ファイル書き込み」