プログラマとSEの給与格差を考えてみた

皆さんこんにちわ!
先日とても面白い記事を見つけました。
IT業界の給与についての記事です。もう読まれた方もいるかと思いますが、紹介させてもらいます。

プログラマーとSEの年収を政府データから調べてみた【過去10年間の推移】

[スポンサーリンク]

こちらの記事は、大きく2つのことを言っています。
1 : ここ10年で、SE・プログラマの給与の差が縮まっている。
2 : 大手IT企業では、プログラマの給与がSEを上回っている。

ただし、雇用形態が明確ではないことと、そもそもSEとプログラマの切り分け(定義)が曖昧であることから、完璧に業界実態を反映しているとは言えないと個人的には思います。
あくまで参考程度と考え、あとは各人の肌感覚で判断するしかなさそうです。

10年前のプログラマとSE

少し前置きが長くなってしまいました。
私がIT業界で社会人デビューをした10年前は、給与も社会的ステータスも、SE>>>プログラマという図式が出来上がっていました。
プログラマはSEになることを目標にしていまいした。

プログラマのお仕事は、ひたすらプログラムを書くこと。テストをする。バグを潰す。これの繰り返しです。
システムエンジニアのお仕事は、顧客折衝。見積もり。要件定義。スケジュール管理。人員管理。などです。

仕事内容を見ただけでも、使う側と使われる側にキレイに分かれていますね。
これでは、プログラマもSEになりたがるのも納得出来ます。
くもの糸にプログラマが群がります。。

そもそもプログラマが下流と呼ばれていた時代です。
個人的には違和感がものすごくありました。

今のプログラマとSE

10年前と比べて今はどうでしょうか。
SEとプログラマの境目が若干薄れてきたように思えます。

10年前と比較して一番変わった点は、顧客(エンドユーザ)のリテラシーが大幅に向上したことだと感じます。
顧客が意味不明なドキュメントや、使い方のよくわからないテストエビデンスを要求しない傾向にあると思います。
成果物(Webサービス)も作って終わりの考え方から、運用してお金を稼いぐことにより注視しているようにも感じます。

とくにかく動くWebサービスとキレイなソースコードを求めているように感じます。
リテラシーの向上によって、わけのわからない仕事が減って、本来あるべき姿を取り戻しつつあるように感じます。

そして、エクストリーム・プログラミング などのアジャイルという黒船の到来で、動くソースの方が重宝されてきました。
アジャイルの本格導入で、肌感覚でプログラマの地位が向上していくのがわかりました。
とてもよい傾向のように感じます。

昔と今を比べて

今と昔を比べて、プログラマ優位である「今」の方が当然の姿であるように思います。
まだまだ発展途上中ではあると思いますが。

SE・プログラマの垣根に関係なく、エンジニア職である以上、給与も技術力に比例してあがるべきだと思います。
これからもっと技術主体の業界に向かっていけば、エンジニアとしても嬉しい限りです。