ふるさと納税やってみました!申し込みの流れと注意点をまとめました

furusato-nozei

2年くらい前でしょうか、ふるさと納税がメディアに取り上げられて一気にメジャーな納税スタイルになったように感じました。

今まで活用したことがなかったのですが、わたしの周りでふるさと納税を活用したという話をチラホラと聞いたので、今回は便乗するかたちでやってみました。

今回はふるさと納税の納税方法と、いくつかの注意点についてまとめていきます。

[スポンサーリンク]

ふるさと納税の流れ

まずはふるさと納税の大まかな流れを以下に説明します。
細かな解説については後述していきます。

1 : 自分がいくらまでふるさと納税を使えるかを調べる
2 : 商品を選んでクレジットカードで入金する
3 : 確定申告する。

自分がいくらまでふるさと納税を使えるかを調べる

ふるさと納税の納税できる額は所得によって異なってきます。

これは細心の注意をはらう必要があります。
例えば、3万円までしか納税できないという人が、5万円納税したとすると差額の2万円は寄付として扱われ無駄になります。

ふるさと納税の仕組み(カラクリ)なのですが、例えば上限3万円の人が3万円をふるさと納税で納税すると、翌年の住民税から28000円が減額されます。
上限3万円の人が5万円ふるさと納税で納税しても、翌年の住民税から28000円しか減額されません。注意しましょう。

自分がいくらまで納税できるかはコチラのツールを使って確認してみて下さい。

furusato-nozei2

確定申告で医療控除や住宅控除を受ける方は、納税額が異なってきます。
こちらからエクセル計算表をダウンロードして再計算して下さい。(多少複雑なエクセルです。。。)

furusato-nozei3

商品を選んでクレジットカードで入金する

では続いてはコチラのページから商品を選んで入金します。

furusato-nozei2

会員登録はしなくても入金できます。
支払はYahoo!公金支払いを使っている自治体が多いです。
自治体によって、支払方法やフォームの入力方法に若干差があります。(お役所なのでしょうがないのでしょう)
わたしがざっとみたところYahoo!公金支払いクレジットカードでの支払いはどの自治体でもOKみたいです。

確定申告する

ふるさいと納税の仕組みは、確定申告することによって、ふるさいと納税分 - 2000円の金額が住民税から減額される仕組みです。

いつもは確定申告が不要な会社員の方も確定申告しなけば、住民税が減額されることはないので気をつけましょう。
確定申告のやり方や必要な書類などはこちらに詳しく載っています。

furusato-nozei4

さいごに

ほとんどの自治体が10000円で1個の商品を送るといった感じでしたので、わたしは何箇所かにわけて納税しました。
実質2000円でお肉やカニやデザートが届くのでお得感は結構あります。

ただネットから納税するスタイルが主流なので、ネットに精通した人でないと敷居が高く、まだまだ浸透するには時間がかかるのかなーと思います。(ネット以外で出来るのかは不明です。)

商品はまだ届いていないので、クオリティはまだわかりません。
今のところ結構期待はしています。(笑)
それでは!