誰でも閲覧可能な政府統計「e-stat」を紹介します

e-stat

今回は国が管理している統計データを閲覧することのできるe-statを紹介します。
みんなの気になる給与にかんするデータも閲覧できますよ。

[スポンサーリンク]

e-statでは、人口推移や雇用形態状況、民間給与実態などの公的なデータがどのように推移しているか見ることが出来ます。
個人的には地方別の給与実態が結構気になるところでした。

正直なにかの研究機関に勤めているわけではない私にこういったデータをどう活用できるかは検討もつかないというのが本音ですが、仕事の合間に見てフムフムと物思いにふけるには十分なしろものです。

e-stat-3

サイトの雰囲気から察する通り、データのフォーマットですが、結構バラバラです。
フォーマットどころかファイル形式もPDFやエクセルなどが混在していて正直見にくいです。。

e-statの優れているところといえば、都道府県別にデータを分類する傾向があるのでUターンやIターンを考えている人には役に立つようにも思えます。

e-stat-4

フォーマットやファイル形式はバラバラなくせにAPI提供をしています。
会員登録は必要なのですが、興味のあるかたはアプリ作りに挑戦してみてください。
こちらのサイト名ですが、「次世代統計利用システム」ですがWebデザインは結構レトロ臭が漂っています。

さいごに

e-statの拡張子は「.do」です。
Java servletが登場したころは近未来感あふれる拡張子でしたが、今では懐かしい限りです。
それでは!

参考にしたページ

こちらのページを参考にさせて頂きました。