カテゴリ : spring

Spring Bootの起動方法

spring

ローカル環境でSpring Bootを実行する場合ですが、通常のSpring Frameworkの起動方法とは少し違ってきます。

通常のSpring FrameworkのようにEclipseの「Run on Server」ではうまく動きません。少しコツがいります。それとSpring Bootはmavenコマンドから動かすこともできるので、今回はそれぞれの動かし方を紹介していきます。

続きを読む

Spring Bootの雛形を作成する

spring

あのとっつきにくSpring Frameworkが簡単に使うことができるということで話題になっているSpring Boot。こちらのプロジェクトを作成する方法を紹介します。

今回はとりあえずSpring Bootを動かすのに必要最低限なものを雛形として公開していきます。

続きを読む

Springの@Autowiredと@Resourceの違いについて

spring

Springでもっともたくさん使うアノテーションといえば、フィールドにbeanをインジェクトする@Autowiredか@Resourceのどちらかではないでしょうか。

@Autowiredと@Resourceはほぼ同じ動きをしますが使い分けがいまひとつ分からない。わたしはSpringを使いはじめたころ違いがよくわかりませんでした。

今回はこの2つのアノテーションの違いについて紹介していきます。

続きを読む

Spring Boot ではMaven3を使わないとエラーになる件

spring

最近話題のSpring Bootですが、Mavenのバージョンは3を使わないとどうやらエラーになるようです。

Spring Bootの設定が終わりいざ実行してみたらエラー。設定は間違っていないと思いながらも少しはまってしまいました。

同じ思いをされている人もいると思うので備忘録として残しておきます。

続きを読む

spring security 特定のパスの認証をスキップする方法

spring

Webアプリを作っていると、認証処理を無視したいパスもでてくるはずです。

例えば、CSSやJSのパスは毎回認証処理を通す必要もありませんし、ログイン画面も基本誰でもアクセスするようにすべきです。

Spring Securityではこのようなパスの認証処理をスキップさせる方法があります。

続きを読む

spring security 認証処理を自作する方法を解説

spring

認証処理ってシステムの要件によってはID・PWのチェックだけではなく、CookieやSessionを使ってゴニョゴニョ独自仕様にしていくのをよく耳にします。

もちろんspring securityでもこの独自の仕様にカスタマイズできるような作りになっています。
「うちの会社は特殊だから・・」といってspring securityを諦めるのではなく、どんどんカスタマイズしていきしょう。

今回はspring securityを使って、認証処理を自作する方法を紹介します。

続きを読む

spring security DBの暗号化パスワードで認証する方法

spring

spring securityでDB接続する方法はコチラで紹介しましたが、今回は暗号化されたパスワードで認証する方法を紹介していきます。

最近のシステムではパスワードをDBに持たせる時は大体暗号化していると思いますので、spring securityを使う時は今回紹介する方法を使う場面が多くなると思います。

続きを読む